キャッシング 申込

キャッシング申込は面倒じゃない!休みの空いた時間で楽々操作も可能

申し込みがネックのキャッシング

平日は夜遅くまで残業続き、たまの休みには溜まった疲れを癒す為に一日中ほぼゴロゴロしている…仕事帰りには歩きながらウトウトしていたような日々を過ごしている私は、何も知らない人からは面倒くさがりと呼ばれています。

私の生活を知る人ならそんな事は言いませんが、実際に仕事以外は常に面倒がっているのも事実で、実際に面倒くさがりの自覚は無いわけではありません。休みの日には何は無くとも「何もしたくない…」というのが口癖で、たまに用事があっても急ぎじゃないなら、先延ばしにしてしまう事もしばしばあります。

しかし先延ばしに出来ないこと…お金の入用ともなると、さすがに先延ばしにするのは難しいです。いくらゴロゴロばかりであまり物が必要ないとは言え、冷蔵庫と言った生活必需品の家電が壊れてしまえば、放置しておくわけにもいきません。そして忙しい割に給与もそこまで良くない事もあって、冷蔵庫の買い替えにも苦心し、結局は借りないといけない時でした。

しかし、キャッシングといったお金を借りる行為においては、わざわざ外に出て申し込んだり書類を集めたりしないといけませんよね?休日はしっかり体を休めておかないと辛いのは自分ですし、だからと言って現状を放置するには…と、まさに面倒くさがりと言われても仕方ない悩みを抱えていました。

手軽な申し込みはネットキャッシングで

そんなものぐさな悩みを親に話していると「最近はインターネットでもお金が借りられるんじゃないの?」と言われ、それなら申込からできるのかなと調べてみました。

検索するとこれが予想外に多く、ネットキャッシングの完備というのは、大手各社にとっては当たり前のようにも感じました。その中でもとりわけ金利が安くネットで全てを終えられそうなネットバンキング系のキャッシングに申込ました。

申込自体は非常に楽で、紙に筆記するよりも格段に手間が少ないです。しかも手間は少ないのに申込受理は早く、休みの日に申し込んでおいたら、次の営業日には審査も終わっています。ものぐさな私にピッタリでありながら、急いでいる方にも対応できるような迅速性もあったのですね。

その甲斐あってネットキャッシングを駆使し、簡単に申し込めて手軽に借りられて、それでいて口座引落の楽々返済を行なっています。ネットキャッシングを使えば、現代の借り入れというのは、あまり動く必要が無いのは嬉しいですね。

キャッシング枠を復活させることはできるのですか

クレジットカードを使ったキャッシングでは、借りる側の返済能力に応じて、利用限度枠が設定されます。これは、それぞれの収入や、勤務先の状況などを総合的に考察した上で、返済能力を超えるような借金をさせないための制限です。

借入を始める時に設定されるキャッシング枠ですが、さまざまな理由で、増額したり減額したりすることがあります。

まずは、借入側が自らキャッシング枠を引き下げる場合があります。これは、借入金額が、そこまで必要でないだとか、スキミングなどのリスクから被害を最小限に食い止めるための防御策であるとか、あるいは別にローンを組む予定がある場合に、キャッシング額が多ければ不利になるなどの自己理由によるものです。

一方、貸付側がキャッシング枠を引き下げるケースがあります。これは、返済が滞っている場合に起こります。返済をきちんと行わない利用者であれば、貸付側も信頼ができないために、キャッシング枠を低くしたり、極端な場合には強制的に利用できなくなってしまうことさえあります。

自己都合でキャッシング枠を引き下げた場合は、増額申請をすれば、再度キャッシング枠を復活させることは可能です。再度審査は行われますが、返済に問題がなければ、増額は認められると思って間違いないでしょう。

また、キャッシング利用限度額ぎりぎりまで借入を行っていて、キャッシング枠の残り金額がないのであれば、返済できればその分は借り入れすることができます。返済してからいくらか日数がかかることは考えられますが、キャッシング枠の復活は可能です。

しかし、返済遅延などの理由で、キャッシング会社から限度額を引き下げられた場合は、そうはいきません。どうしてもキャッシング枠を復活させたいのであれば、まずは返済をきちんとすることです。減額の原因となったことを解決し、再度信頼を取り戻したうえで、増額を申請することになるでしょう。一度信頼を失っているのですから、当然審査も厳しいものになるでしょう。

キャッシング枠が減額されたり、復活させることが難しいからだけではなく、その後の自らの信用にかかわる問題です。初めの段階から、返済に無理がないように、しっかりと計画を立ててから借入を行うことが重要です。

キャッシングしている時に病気になったり、怪我をしたりしたら?

キャッシングを利用している期間に病気になったり、怪我をしてしまったりしたら・・・当然どうするのがよいのかと不安になることでしょう。まずは体を元通りに戻すようにしなければ、と考え、治療を優先したくなるのも当然です。しかし、ここで治療を第一に考えて、返済を後回しにしようと考えるのは、得策ではありません。基本的には、キャッシングの期間内には、契約通りに返済が行われなければ、契約の不履行ということになります。遅延損害金を請求されれば、返済しなければならない金額が、更に膨れ上がっていきますし、なによりも返済が滞ったとなると、信用情報に傷がつき、後々に響いてくることになります。

キャッシングサービスの中にカードローンがあります。借入限度額の枠が残っていれば、その範囲内でお金を使うことができますから、それを治療費に宛てて、返済の方は通常通り行うという方法があります。

もちろんここで借りたお金も返済しなければなりませんから、きちんと返済計画を立て、返済することが可能であると確認してから借入を行うようにしましょう。

確かに治療費も、ばかにはなりません。借金をしている場合であれば、生命保険などで医療費の補助が出ることも期待するのが難しいかもしれません。けれども、何はともあれ、返済は優先してでも行わなければなりません。それは、借入をした人の義務なのです。

自分の持っているカードや保険を見直し、どこかから引っ張ってくることのできるお金はないだろうかと検証し、目先のことだけに捉われず、先のことを考えましょう。

いくら苦しくなっても、闇金融に手を出すことだけは絶対にあってはなりません。

カードローンに年齢制限はあるの?

キャッシング会社は、お金の貸付を行うに当たって、年齢制限を設けているところが一般的となっています。基本的には、20歳から65歳までという年齢制限が主な数字となっています。

なぜ年齢制限を設けるのかというと、返済能力があるかどうかが、キャッシング会社にとっては死活問題であるからというのは明白でしょう。

キャッシングをするときの審査の重要なポイントは、収入がしっかりしているのかということと、社会的な信頼がおける相手であるかというところなのです。返済能力があるかどうか確証がない相手には、貸付を行うことはできません。

勤続年数があまりにも浅いと、引き続いて収入が見込めるのかどうかが不安視されるでしょう。また、特に未成年の場合には、「借金をする」ということの重要性を理解しているのかどうかわからない、などということもあり、貸付を行わないケースもあります。

逆に、年配の利用者であれば、今後どのくらいの期間収入が見込めるのか、返済期間が長期間にわたると、難しいのではないかという恐れが出てきます。年齢の上限が設けられているのは、そのためです。

とはいっても、未成年の場合にも、親権者の同意があれば、とか、結婚や就職していればなどの条件付で借り入れが可能になる会社も存在します。

また、上限については、その年齢を引き上げようとする動きがある会社は少なくありません。65歳以上とはいっても、仕事を続けていたり、年金が支給されたりしていますので、貸借契約をすることも、それほど問題がなくなっているともいえます。しかも、この世代の人たちは今、大変元気があって、働くことや遊ぶことに対しても積極的で、若い世代に対してもなんら変わりはないともいえる状態です。

こういったことを踏まえて、その人自身に過去の返済や、借入暦に問題がなければ、決してキャッシングも不可能ではなくなってきています。

平均寿命も長く、65歳以上の世代が元気である現在、キャッシング可能年齢の引き上げは今後も続くと思われます。

自分に合った方法で、無理なく利用できるものを見極めて、賢く利用してみましょう。

借金の返済は利子ばかりというけれど、実際はどのくらいの支払い?

キャッシングはもちろん、それ以外にも借入をする場合には、金利の高い低いは、大変重要なチェック項目です。

キャッシングの種類や限度額、更には利用者の諸条件によって、数%~20%くらいで金利の設定がされます。業者によって、金利に開きがあるのも当然なのですが、同じ借入をしても、利用者の年収や勤務先の状況・保証人の有無によって金利は変動します。貸付側から見て、返済に対してリスクが少ないほど金利が低くなることも知っておきましょう。

現在では、利息制限法という法律で、金利の上限を15~20%と定められていますので、基本的には20%以下の金利を設定している会社がほとんどです。

ローンなどの返済をするとき、「返済しているのは利息部分ばっかり」というような話を聞いたことはありませんか?

50万円の借入に対して、18%の金利で借入をしたとしましょう。

金利の計算方法は、

借金残高(500,000)×年利(18%)÷12(ヶ月)=一か月分の利息

となりますので、この場合ならば、7500円が一か月分の利息となります。そうすると、月々の返済金額を7500円以下に設定すると、利息部分を払い続け、元本は全く減らないことになります。

10,000円くらいの返済にすると、少しずつでも元本が目減りしていきますので、利息も少しずつ減っていき、8年近くかかって全額返済することができます。支払うトータル金額は、500,000円の倍近くにもなります。

月々の返済金額を増やせば、元本の残高が減っていくペースも早いので、利息もそれに応じて低くなり、短期間で完済することも可能になってきます。ただし、月々の手持ちのお金がかなり寂しくなるとはいえるでしょう。

このように、金利分を甘く見てはいけないのです。よくよく調べて、できれば返済シミュレーションを行うくらい慎重に金利のチェックをしましょう。

キャッシングの不安解消に必用なもの

キャッシングということがかなり一般的に聞かれるようになってきて、一部の人だけのものではなくなってきました。多くの人にとって、身近なものとなってきたキャッシングではありますが、初めての利用を考える人にとっては、やはり大なり小なり不安がつき物でしょう。

万が一、返済できないということがあると、信用を失ってしまいます。それはその後の人生を揺るがすといっても過言ではありません。

けれども、逆に言えば、返済さえ間違いなく行うことができていれば、それほど恐れるようなものではないことも確かなのです。

キャッシングがどんなものか、全くわからない人にとっては、それでも執拗な取立てや、法外な利息を請求されることがあるのではないかという不安もぬぐうことができないでしょう。それは、一昔前のイメージで、現在では法の改正も行われ、適正な審査を行って貸付をしている業者であれば、そういった心配はまずありません。

キャッシング会社は、銀行系・信販系・消費者金融系の3系統に分類されます。特に消費者金融と聞くと、前述したような怖いイメージを持つ人も多いかと思いますが、以前問題になったような暴力団まがいの取立てや、利息で借金が膨れ上がるようなことは、現在ではありません。消費者金融は、審査の基準が最も低く、手続きによっては即日融資が可能という会社が少なくありません。その分、金利も高いので、一概に利用しやすいとは言えませんが、緊急の場合などには手軽に借り入れができる便利さは、一番です。

銀行系は、資金力があるために、金利は比較的低めに設定されていますが、貸付の際の審査が厳しく、手間もかかります。即日融資は望めません。

信販系のキャッシング会社は、金利は銀行系と消費者金融系の中間くらいで、クレジットカードを利用したキャッシングを行うことで、自社のカード利用者を増やすという目的があります。

そういった、それぞれの特性を踏まえて、自分の返済計画を立てて借入に臨めば、恐れるようなことは、まず起こらないでしょう。

貸し付けるほうも、返ってくる見込みのないお金は貸してはくれません。返済能力があるのかどうか、しっかりと審査をしてから貸付を行いますので、基本的には返済できないほどの金額を借りることもできないのです。

自分に返済することが可能なのかどうか、それは申し込む前によくよく検証してみることです。無理なキャッシングの申込を行うと、もちろん審査にも通りませんが、そういった記録は残りますので、その後の信用にもかかわってきます。その方が、よっぽど恐ろしいと思いませんか。

キャッシュカードを使ったローンの利用には注意も必要

クレジット会社のキャッシングを初め、カードを利用したキャッシングも一般的になってきています。便利ではあるし、銀行ほど審査が厳しくなく、融資までに時間がかからない。また、消費者金融系ほど金利が高くないし、カードならほぼ誰でも所有していることなどから、利用する人が多いのうなずけます。

また、キャッシング会社と提携しているATMで、出金も返済も、場所も時間も選ばず可能であるという魅力もあります。

クレジットカードには、キャッシング枠やショッピング枠も設けられているので、手軽にお金を借りる方法も充実しています。

けれども、注意しなければならないことがあるということも覚えておかなければなりません。

最近、スキミングといって、カードの情報を盗み取ってしまう犯罪が知られています。クレジットカードを利用する回数が多ければ多いほど、情報を盗まれてしまう可能性が高くなるといえます。時々暗証番号を変えたり、利用明細をこまめに確認するなど、被害に遭わないように自分のカードの管理をきちんと行っておかなければなりません。

キャッシング枠をゼロに設定していれば被害も縮小できますが、カードローンを利用している場合は、キャッシング枠の金額設定をしているケースが多いのではないでしょうか。

クレジットカードの利用も、手軽なものになっていますが、それだけに、情報を盗み取るなどの操作もしやすくなっているのかもしれません。

キャッシングの出金や返済にカードを使うことは便利なのですが、その都度気をつけて利用するようにしましょう。

時間を気にせずキャッシング・・・コンビニもネットも便利だけれど

いまや、インターネットやコンビニでもキャッシングが可能で、365日・24時間思い立った時に現金を手にすることができる時代だといえます。

キャッシングの申込や審査にしても、ネットで完結する場合も多く、まさに自宅にいながらにして、時間も気にすることなく資金繰りができるわけです。

コンビにも24時間営業が当たり前になり、多くの地域で、少し出かければ時間を気にすることもなく、買い物もできるし、もちろんATMの利用も可能な時代です。

確かに便利です。緊急に、翌日まとまったお金が必要なときなど、まさに大きな助けだといえるでしょう。

お金のことはなかなか周囲にも相談しにくく、給料日前など途方にくれてしまうことも考えられますが、こういった時間を考慮しなくてよいサービスを利用できるようになると、そんな問題点も解消されます。

また、顔を見せなくていい相手との取引は、気分的にも気軽に利用しやすいでしょう。

けれども、便利で手軽に借りられるからこそ、十分に気をつけなければなりません。夜に一人でネットから手続きなどをしていると、借りすぎなどの心配はありませんか?よっぽど余裕がないときを除いては、一夜明けてもう一度よく考えてから実行した方が望ましいのではないかと思われます。

また、一度実行ボタンを押してしまうと、間違いがあっても修正が難しいでしょう。便利で簡単だからこそ、慎重に使いこなしましょう。ゴールは借りることではなく、返済を完了することです。

外国人がキャッシングをしたい時、何か違う?

外国人がキャッシングを必要とする状態になった時、お金を借りることは可能なのでしょうか。もちろん、完全に不可能ということはありません。しかし、日本人が借り入れをするときよりは審査が厳しいことは間違いありません。

表向きは、外国人に対する審査の条件も、日本人の場合と違わないということにはなってはいます。けれども、現実の審査は、外国人に対しては厳しいものとなっています。なぜなら、外国人の場合は、お金を返さないままに急に帰国してしまう危険性も考えられるので、企業側としても慎重にならざるを得ないというところです。

急に帰国してしまった外国人に対しては、連絡が取れなくなってしまう可能性が大です。仮に連絡が取れたとしても、通信費や交通費などはどこから出るわけでもありませんから、経費がいくらかかるかを考えると、返済請求などは大変難しいこととなります。

しかも、刑事事件ではないので、警察も動くことはありません。そうなると、貸した方が泣き寝入りするしかなくなるわけです。キャッシング会社としても、審査を厳しくしなければいられません。

外国人のキャッシングにおいても、職業と収入や住居の状況が審査の基準となります。基本的には、一年以上のビザがあり、安定した収入が保証され、外国人登録証というものを持っていれば、審査への申込が可能となります。その上で、さまざまな条件を総合的に審査して、その会社でキャッシングが可能かどうか判断されます。

それでも、やはり返済せず帰国してしまうかもしれないリスクを鑑みて、審査には通らないことも珍しくはないのです。

日本でしっかり生活していることを証明できれば、キャッシングの審査に通ることも可能となってきますが、借りる金額もなかなか日本人と同じように希望が通らないものです。日本人であれば、長期にわたる返済計画を組むことも可能ですが、外国人に対しては、そこまでは認めない企業がほとんどでしょう。

日本にある程度根づいた上で、短期間で返せるだけの金額を借り入れることを考えなければならないといえます。

キャッシングの際の総量規制によってどんなことが起こっている?

お金を借りたいな、と思うときは、もちろん今後の収入に対して、予測される出費が多いときもしくは緊急にお金が必要なときでしょう。だとしても、収入や勤務状況に不安があるとキャッシング会社が判断した場合、借入をすることはできなくなります。

お金が必要だから、誰でも借りることができるわけではないのです。

貸付を行う側としては、最も重要なのはきちんと返済してくれる相手であるかどうかということ。収入や勤務状況によっては、返済能力に不安があると判断しますから、貸付の審査に通らなかったり、希望の金額を借入できないということは、おおいに可能性があることなのです。

また、その返済が負担になり過ぎることを防ぐために、総量規制という借り入れ限度額も設けられています。

総量規制とは、年収の3分の1以上の金額を借入することはできないという方で定められた制度です。借りすぎを防ぎ、返済によって自分の首を絞めるようなことにならないように借入側を守ると共に、能力を超えた返済を続けることが難しくなり、結局回収もできなくなってしまうという、貸付側の不利になるようなことも極力避けようという、双方を守るための法律となっています。

ただし、この規制は消費者金融会社を対象にしたものであり、銀行のキャッシングについては適用されません。銀行の場合は、消費者金融に比べて審査が厳しく、一定以上の条件を満たしていなければ利用することは難しいのですが、金利も消費者金融やクレジット会社に比べて低く設定され、また総量規制も適用されていないので、多く借りることが可能です。

収入もある程度あり、高額なキャッシングを考えている場合、銀行からの借入をまず検討してみてはどうでしょうか。

いずれにしても、総量規制とは、消費者を守るためのものです。借りすぎない、きちんと返済計画を立ててから申し込む、といった基本を忘れず、自分に見合った金額だけ借入をすること。なぜ総量規制が設けられているのかということも併せて検討し、自分の身は自分でしっかり守りましょう。

安心して借入をするためには

初めてキャッシングを行う場合、不安がつき物であるのは当然でしょう。その不安感を少しでもやわらげるために、いくつかおさえておきたいポイントがあります。

まずは、会社選び。一般的に、よく名前を知られている大手のキャッシング会社であれば、だいたい安心してもよいといえます。法外な金利を要求してくることもなく、何よりも多くの利用者から信頼されているという責任感から、違法な取立てや、ルール違反はないと考えられるからです。

そして、いくら必要なのか、返済計画には問題がないかということを、しっかりと確認しなければなりません。借入をして、一番大切なのは、返済をきちんとすることです。初めにしっかりと計画を立てて、それを守ることができるように、自己管理もきっちりしていきましょう。返済の約束が守れなければ、ペナルティも発生しますから、却って多くの金額を返済に充てなければならなくなります。そして、返済のために借金を重ねるなど、論外です。

もっとも、申込から審査が行われますが、最近では本当に返済できる相手でないと、貸付側も審査を通さない場合も多くなっています。また、年収の3分の1を超える借入も法律で禁止されてもいますから、返済能力以上の借金を抱えることも、なかなかないとはいえます。

いずれにしても、自分の身を守るために、事前の情報収集から自己管理まで、モレのないように行うこと。そうすることで、安心して借りることができるといえるのではないでしょうか。